ローリングストック!! vol.1

きんぴらごぼうこんにちは! 防災キングショップブログ担当のsatsukiです。
ちょうど1年前の記事「防災食 de クッキング!vol.1 〜きんぴらごぼう〜」にて、

> (「ローリングストック」については、改めてお話ししますね。)

と宣言したのにずっとそのままになっていました。すみません・・・。
そこで、今後数回に分けて「ローリングストック」とは何か、そして上手な活用方法をご紹介します。職場やご自宅で、参考にしていただければ幸いです!

■そもそも、「ローリングストック」って、なあに?

「回転する」意味の「ローリング(rolling)」に「ためておく」という語の「ストック(stock)」と言う語を合わせた和製英語です。「回転してためておく」と言ってしまうと分かりづらいですが、要は「災害用の防災食を普段の食卓に取り入れて消費し、再び買い足すことで、常に新しい防災食を備蓄しておきましょう!」という考えです。
特に東日本大震災以降この取り組みは全国的に広がっており、最近でも日本経済新聞*1*2にて取り上げられています。
rolling-stock20141002

■「いざという時」を待たずに食べて、補充!

一般的な防災食のイメージは

  • 消費期限が長い
  • そのままでも食べられたり、水や湯を足せば食べられたりできる
  • 常温保管ができる

など、特に備蓄に特化した面が強調されるため、ついつい「防災食=いざという時の特別な食事用」と考えてしまいがちです。しかし、普段の食事にこそ活用することで、消費期限が切れたまま放置する、というもったいない状態を防ぐことができるのです。いざという時にすでに食べられない防災食ばかり揃っていても意味ありませんよね。いずれかならず来る消費期限よりも前に、おいしくいただいてしまいましょう!

しかも防災食は、そのまま食べてもいいように味付けが完成しているものがほとんど。普段の食事作りの大きな味方でもあります。少しアレンジしてももちろんOK!(その時はぜひ、「防災食 de クッキング!」も参考にしてくださいね♪)

まめ蒸しパン

カンタンで、おいしい!

次回も「ローリングストック」の利点に迫ってみたいと思います。お楽しみに^^

*1 日本経済新聞電子版 2014/9/10 「食べて買い足し、『使える備蓄』を 災害時の期限切れ防げ」
*2 日本経済新聞電子版 2014/9/16 「防災非常食、食べては更新 広がる『ローリングストック』」