ローリングストック!! vol.2

こんにちは! 防災キングショップブログ担当のsatsukiです。
防災キングではご自宅や職場で防災食の「ローリングストック」をおススメしていますが、ぜひその中のアイテムとして挙げたいのが「缶詰」。最近では「缶詰バー」など、お酒に合った缶詰を提供する新業態も登場するほど、注目の存在です。種類も豊富で、すぐに食べられるのが魅力ですね。

■缶詰のいいところ、ちょっとザンネンなところを知ろう
    ◎いいところ
    長期保存がきく ー 3年ほど保存がきく食材が多いようです。必ず賞味期限を確認しましょう。

    常温保存が可能 ー ストックしやすいですが、サビないように冷暗所におきましょう。

    ◎ちょっとザンネンなところ
    賞味期限がある ー 長期間保存できるとはいえ期限つき。味が落ちる前に消費しましょう。

    ある程度重量がある ー 種類によっては重量もあるので、持ち運びに不向きなものもあります。

18

■日常のストック食材の中に缶詰を

「いざというときのための缶詰」と考えてしまうと「とっておこう・・・」という気持ちになって手がつけづらくなりますが、賞味期限が差し迫ったものだけではなく、普段の献立に缶詰をつかった料理を意識することで、自然とローリングストックにつながることも。もちろん、消費したら補充(購入)することをお忘れなく!

■どのぐらいストックすればいいの?

防災食のストックは、朝昼晩の3食×3日分×人数分が目安とされています。水も合わせれば、けっこうな量ですね。そのうちの副菜に、缶詰をチョイスする日を含めるといいでしょう。人数にもよりますが、多めに用意すると安心です。

■シンプルな味付けを選ぼう

輸入食材を扱うお店にある缶詰は、日本人の想像を超えるような中身もしばしば。「鶏丸ごと一匹」とか、「世界一臭い魚の発酵食品」などなど、ある意味興味深い種類もたくさんありますが、防災食のためのストックという観点からだと少々実用的ではありませんね(ぜひ通常の酒の肴やパーティのおつまみとしてトライしてみてください!)。同じく防災食としてストックしておきたい「白飯」に合いそうなものをチョイスするのが無難でしょう。ふだん食べ慣れた副菜だと目新しさはないかもしれませんが、非常時にほっとした味に出会えるだけでも心が落ち着くかもしれません。

■最近増えてきたおやつ系缶詰

岡根谷 フルーツのケーキ

岡根谷 フルーツのケーキ

お子さんのいる家庭では、おやつ系の缶詰も用意しておきましょう。最近、昔ながらの定番スナックが防災食仕様となってスーパーで販売しているものもありますね。もちろん、防災キングにもおやつ系缶詰、多数取り揃えてあります。

次回は、防災キングでイチオシの缶詰をご紹介します。ローリングストックは難しくありません! 身近な缶詰で実践してみましょう。お楽しみに〜。