身を守るアイテムは揃っていますか?

こんにちは! 防災キングショップブログ担当のsatsukiです。
2015年も皆さまに防災グッズのすばらしさをお伝えできるよう、さまざまな商品をご紹介していけたらと思います。

さて、もうすぐ1月17日。阪神淡路大震災から、今年でなんと20年なのだそうです。時が経つのは早いものです。
このときの悲しい経験を生かして、その後各種インフラや法整備、個人レベルでの備えの大切さが徐々に浸透していきました。しかし、4年前の東日本大震災で再び自然災害の恐ろしさを思い知らされ、ますますあらゆるリスクへの対応を考えなくてはいけないことが分かったのも記憶に新しいですね。

阪神・淡路大震災では,死因の70%以上が建物の倒壊等に伴う窒息・圧死によるものであったが,東日本大震災では,死因の90%以上が津波に巻き込まれたことによる溺死となっている。※

このような報告を見ると、お住まいの地形や勤務先の環境に合わせた防災グッズを用意する必要があることがわかります。同時に、避難所の確認、逃げる際の行動なども合わせて考えなければいけません。
いつ、どこで、どんな時間に発生するか分からないとはいえ、地震大国日本に住む以上、自分で揃えられるものは普段から用意しておきましょう。

以前にもヘルメットをご紹介しましたが、今回は別の種類、10色のバリエーションがある商品をおススメします。

加賀産業 ヘルメット MN-1

加賀産業 ヘルメット MN-1

一般的なのは白ですが、色の違いを生かして、「我が家は『スカイブルー』で統一しよう」「部署ごとに色分けして保管しよう」などなど、避難した後の視認性の良さを想像してあえて色付きで用意しておくことも可能です。
加賀産業 ヘルメット MN-1
もし、「まだなにも備えていない」「なにから備えたらいいか分からない」という方は、まずは我が身を守るヘルメットから始めてみませんか? 価格も手頃なのでぜひこの機会にどうぞ。

※内閣府男女共同参画局 男女共同参画白書 平成24年版 第1節 東日本大震災の発生http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h24/zentai/html/honpen/b1_s00_01.html