子ども会やお祭りの景品にも最適

こんにちは! 防災キングショップブログ担当のsatsukiです。

過ごしやすい季節がやってきましたね。自治会や消防団等が主催のさまざまな防災イベントが各地で開催されると思います。その際、運営側では限られた予算の中で、参加賞や景品を用意する必要が多々あることでしょう。
そんな時におススメなのが、こちらの「しりべん トイレットペーパーシリーズ」です。

一例として:しりべん こどもの防犯編

一例として:しりべん こどもの防犯編

名前はかなりインパクトがありますが、「知って(=しり)」「便利な(=べん)」トイレットペーパーなのだそうです。どれも知って便利な情報がトイレットペーパーに印刷されているので、各種イベントの趣旨に合わせた内容を選べば、ますます啓蒙活動の一助になる優れたアイテムです。

防災キングでは、以下の7種類をご用意しています。

しりべん 一覧各種イベントに幅広く対応【しりべん 健康編
お年寄りの多い地域でのイベントに【しりべん STOP振り込め詐欺
子ども会や防犯イベントに【しりべん こどもの防犯編
火災予防/防災イベントに【しりべん 火災予防編
各種防災イベントに【しりべん 地震防災編
エコ活動に関するイベントに【しりべん 環境編
インフルエンザの季節に【しりべん 読むワクチン トイレで医学 インフルエンザ対策

積んでおくだけでも人目を引きますので、集客効果になるかもしれません。1個あたりの単価も、送料込みでも100円を切るのでお買い得かと思います。

ぜひご検討ください!

身も心もあたためてくれる「発熱のチカラ」

こんにちは! 防災キングショップブログ担当のsatsukiです。

防災キングでは各種防災食を販売しており、たびたびこちらのブログでも取り上げています。もちろん、いずれの商品もすぐに食べられるように工夫されていますが、冬など寒い時期に災害が発生した場合、常温、もしくは冷たいままで食すことになってしまいます。「非常時なのだから仕方がない」と割り切ってみても、そんな日が何日も続いたら、気がめいってしまうかもしれません。

前置きが長くなりましたが、今回は「ホットイート1(ワン)」をご紹介します。

ホットイート1 5袋セット

ホットイート1 5袋セット


水を入れるだけで発熱し、缶詰やレトルト食品などを温かくして食べることができる商品で、持続時間は約25分。2人分ほどのレトルト食品を入れることができて、いざというときには飲料水などを入れるバケツ代わりにもなる、なかなかのすぐれものです。

非常時には温かい食べ物を口にする機会がとたんに減ります。それでもこの「ホットイート1」と水があれば、たちまち温かい防災食に早変わり。精神的にもほっとひと息つけることができ、少しは心に余裕ができるのではないでしょうか。また、温めることで防災食の味そのもののおいしさも増すことでしょう。

また、詰め替え専用発熱剤もございますので、中身がなくなったら詰め替えて繰り返し使えることもできます。このような「あるとうれしい防災グッズ」もぜひ揃えていきたいものですね。

ホットイート1 5袋セット

ホットイート1 5袋セット

災害時に身体の清潔を保つには

こんにちは! 防災キングショップブログ担当のsatsukiです。

普段からあると便利なウェットティッシュ。持ち歩いている方も多いかと思います。
では、防災用の備蓄品の中には入っていますか? 入っていてもいつの間にか水分が抜けて乾燥した「ただのティッシュ」になっているかも……?

そこで、災害時に便利で、なおかつ備蓄用としてもすぐれた商品をご紹介。

ウェットタオルワイド

ウェットタオルワイド

この「ウェットタオルワイド」は、広げるとなんと60cm×30cmにもなる超大判サイズが特徴。1枚でしっかり清拭できます。またアルコールフリー・無香料なので、肌が敏感な方でも安心です。

また、未開封で3年間の備蓄が可能。長期間乾燥しないのはありがたいですね。
お値段も手ごろですので、家族の人数や状況に合わせて、ぜひ複数個揃えておきたいアイテムです。

過去の大災害は比較的寒い時期が多かったですが、それは偶然かもしれません。灼熱の真夏に災害が発生してライフラインが止まるのも、真冬同様とてもつらいことです。そんなことを想像すると、ますますこのような「身体を清潔に保つためのアイテム」の必要性を感じずにはいられません。
あらゆる季節を想定して災害に備えることはなかなか難しいですが、いつも防災を意識しながら、「少しずつでもいいから備え続ける」ことが大切なのではないでしょうか。

防災食、試食のススメ

CU022_Lこんにちは! 防災キングショップブログ担当のsatsukiです。

もうすぐ本格的な春がやってきますね! 暖かくなってくると各地で防災イベントが開催されることが多くなります。青葉防災も青葉区周辺のイベントに参加予定。見かけたらぜひいらしてください!

さて最近は自治体など、団体さま単位での非常食についてのお問い合せがけっこう多くなってきました。しかしみなさん、こちらのブログでもたびたびご紹介している「防災食」、もう召し上がりましたか? ご自宅でも準備は万端でしょうか? 有事の際はイレギュラーなことばかり。はじめて口にするものばかりだと、それだけでもストレスがたまるのは目に見えています。非常時でもなんでもない時こそが、防災食の試食チャンス! お子さんのいるご家庭でも、お子さんが食べられそうな防災食は何かをチェックできるよい機会となります。

非常食お試しギフト3,000円セット

非常食お試しギフト3,000円セット


防災キングでも発売中の「非常食お試しギフト3,000円セット」は、もともと人気商品をギフト用にまとめたものですが、「どんなものか食べてみよう」とご自身のために買われる方も多いと聞きます。しかも、単品でお買い求めいただくよりお得なので、味を確かめ、気に入った商品が見つかったら10袋セットなどを多めにストックしておくといいですね。さらにお得な「非常食お試しギフト5,000円セット」もございます。ぜひ一度、お試しください!
非常食お試しギフト5,000円セット

非常食お試しギフト5,000円セット

災害時のトイレ対策も忘れずに

こんにちは! 防災キングショップブログ担当のsatsukiです。

先日、近所のショッピングモールにておこなわれた防災イベントを見てきました。

「BOSAIスタンプラリー」

「BOSAIスタンプラリー」


こんな後ろ姿を発見。確かにトイレ対策、大事です

こんな後ろ姿を発見。

日ごろの備えを食糧面、安全面、衛生面などさまざまな視点からとらえ、小さいお子さんにも分かりやすいワークショップ形式で説明していました。
また、各ブースごとにスタンプラリーも設けられており、スタンプがたまるとくじ引きもできるなど、親子で楽しく防災を学べるイベントだったと思います。このような啓発イベントがあちこちで、頻繁におこなわれることが大切ですね。
その中でも、ひときわ目を引くなぞの後ろ姿が。「災害時のトイレはだいじょうぶ?』と書いてあります。確かに、トイレ対策は必要ですね。

横浜市資源循環局マスコット「トイレくん」

横浜市資源循環局マスコット
「トイレくん」

カメラ目線でポーズまでとってくれた彼の名は、ごらんのとおりの「トイレくん」。かつてゆるキャラグランプリにも出場経験があるようです。「嫌なことは水に流す(トイレだけに)」というのがキャッチフレーズ、だそうで・・・。

ちなみに横浜市資源循環局では、各家庭でも一人あたり15個程度(1日5個×3日分)のトイレパックの備蓄を推奨しています。防災キングにも災害時トイレ用品が各種ございますので、ぜひ今のうちに準備しておきましょう。特におススメなのが、「ユニパックポケット10個セット」。携帯にも便利な使い捨て吸水トイレで、凝固剤を振りかける必要がないので簡単・安全。いちどお試しください!

ユニパックポケット10個セット

ユニパックポケット10個セット